普通になっている

時代の流れによって現在では、ブルーレイデュプリケーターが主流になってきていますがもちろん、従来通りのCDやDVDも使えるタイプがほとんどなので、扱える媒体が増えたということになります。 一つのドライブでマスターとなるブルーレイの情報を読み取って、数十から数百程度のブランクの何も情報が書き込まれていないブルーレイディスクに、マスターの情報を同時に書き込んでいきます。 つまり、ブルーレイデュプリケーターは1枚のディスクから、数十から数百という大量のコピーを同時に作ることができる機械です。 デュプリケーターの種類にもよりますが、現在では10万円を切るリーズナブルな価格のものも出ています。

映像関連の仕事をしていたり、イベントなどで配布するブルーレイをまとめて急遽作らなくてはならない場合などに役立つのが、ブルーレイデュプリケーターです。 例えば、ブルーレイをコピーするとしたら、レコーダーやパソコンを使って1枚ずつコピーする必要があります。 その間ずっと張り付いていないといけないですし、1枚コピーするのに10分かかるとしたら、100枚コピーするためには16時間以上もかかる計算になります。 これを解決してくれるのがブルーレイデュプリケーターです。 一気にまとめてコピーを作ることができるので、100枚対応の機械だと1枚コピーするのと同じ10分ですんでしまいます。 短時間で大量のコピーを作ることができるので、圧倒的に時間効率が良いというメリットがあります。